日本の情報発信基地

IEの遷移、履歴操作、ウィンドウを閉じる_InternetExplorer

 
UWSC

スポンサーリンク

IEの遷移、履歴操作、ウィンドウを閉じる

IEの遷移履歴やウィンドウを閉じる操作も行えます。
例えばIE.quitと命令するとウィンドウがクローズします

IE = CREATEOLEOBJ("InternetExplorer.Application")
IE.visible = true
IE.navigate("http://canal22.org/sample0005/")
REPEAT
 SLEEP(0.1)
UNTIL !IE.busy AND IE.readystate = 4
MSGBOX("ウィンドウを閉じます")
IE.quit

履歴操作、ホームページ、検索ページ

以下のメソッドを実行することで、履歴を辿れたり
ホームページや、検索ページへの遷移が行えます。
IE.goBack・・・一つ前に戻る
IE.goForward・・・一つ次に進む
IE.goHome・・・ホームページに遷移
IE.goSearch・・・検索ページに遷移
IE.refresh・・・ページのリフレッシュ

実行時のスクリプトは下記の通りです。

 

IE = CREATEOLEOBJ("InternetExplorer.Application")
IE.visible = true
print "1st:Yahoo!"
IE.navigate("http://yahoo.co.jp/")
  
REPEAT
 SLEEP(0.1)
UNTIL !IE.busy AND IE.readystate = 4
print "2nd:Goo"
IE.navigate("http://goo.ne.jp")
  
REPEAT
 SLEEP(0.1)
UNTIL !IE.busy AND IE.readystate = 4
print "3rd:Livedoor"
IE.navigate("http://livedoor.jp")
  
REPEAT
 SLEEP(0.1)
UNTIL !IE.busy AND IE.readystate = 4
MSGBOX("一つ前に戻ります")
IE.goBack()
REPEAT
 SLEEP(0.1)
UNTIL !IE.busy AND IE.readystate = 4
MSGBOX("次に進みます")
IE.goForward()
REPEAT
 SLEEP(0.1)
UNTIL !IE.busy AND IE.readystate = 4
MSGBOX("ホームページに行きます")
IE.goHome()
REPEAT
 SLEEP(0.1)
UNTIL !IE.busy AND IE.readystate = 4
MSGBOX("検索ページに進みます")
IE.goSearch()
REPEAT
 SLEEP(0.1)
UNTIL !IE.busy AND IE.readystate = 4
MSGBOX("ページをリフレッシュします")
IE.goSearch()
REPEAT
 SLEEP(0.1)
UNTIL !IE.busy AND IE.readystate = 4
MSGBOX("ウィンドウを閉じます")
IE.quit
スポンサーリンク

http://canal22.org/advance/ie/ie-history-clos/

スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ヒカルの情報ブログ , 2018 All Rights Reserved.