日本の情報発信基地

ステータスバーを取得/設定_InternetExplorer

 
UWSC

スポンサーリンク

ステータスバーを取得/設定

ステータスバーを取得/設定

StatusBar

ステータスバーに文字列を設定、取得する

StatusBarに文字列を設定することで、ステータスバーに任意の文字を表示できます。
ステータスバーにセットした文字を取得することも可能です。

EXCEL = CREATEOLEOBJ("Excel.Application")
EXCEL.visible = True
EXCEL.workbooks.add()
EXCEL.StatusBar = "ステータスバーにセット!"
PRINT EXCEL.StatusBar

参考に掲載したキャプチャのように、ステータスバーに値がセットできました

処理位置を表示するなど、便利な使い方も

ステータスバーに現在の処理位置を表示しておくことで、
途中でスクリプトが止まっても、どこまで処理したかわかる場合もあります。
UWSCのスクリプトが高速で処理している場合でも、
ステータスバーを活用することで進捗の可視化もはかれます。

スクリプトは以下のようになります。

 

EXCEL = CREATEOLEOBJ("Excel.Application")
EXCEL.visible = True
EXCEL.workbooks.add()
FOR A = 0 TO 6000
 EXCEL.ActiveCell.OffSet(A,0).value = A
 EXCEL.StatusBar = "現在、" + A + "行目を処理中"
NEXT

処理ごとにステータスバーに最新の状況を出力させています。

スポンサーリンク

http://canal22.org/advance/ie/get-set-statusbar/

スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ヒカルの情報ブログ , 2018 All Rights Reserved.