日本の情報発信基地

GETOLEITEMを使わずitemで指定して要素を操作する_InternetExplorer

 
UWSC

スポンサーリンク

GETOLEITEMを使わずitemで指定して要素を操作する

GETOLEITEMを使わずitemで指定して要素を操作する

obj = IE.document.getElementsByTagName(タグ名)
obj.item(N)

itemで要素を指定する

以下の様な構造のWebページにあるh4の要素を取得する場合、
GETOLEITEMを使わず、itemで番号を指定する方法も利用可能です。

<h1>Hello H1</h1>
<div id="mainCentric">
<h4>Yes! This is a pen.</h4>
<h4>No! No! No! This is not a pencil.</h4>
<p>Get some objects!</p>
<p>Then you go home!</p>
</div>

lengthで要素の数を取得できますので、itemで1つ1つ番号を指定することができます

IE = CREATEOLEOBJ("InternetExplorer.Application")
IE.visible = True
IE.navigate("http://canal22.org/sample0013/")
REPEAT
  SLEEP(0.1)
UNTIL !IE.busy AND IE.readyState = 4
h4Tag = IE.document.getElementsByTagName("h4")
FOR A = 0 TO (h4Tag.length - 1)
 PRINT h4Tag.item(A).innerText
NEXT

指定した要素はinnerText、innerHTMLどちらも使えますし、値の変更も可能です。

下記のスクリプトで、要素を取得して視覚的に分かりやすくログ出力した上で
取得後の要素を書き換えています。
以下のような書き方になります。

 

IE = CREATEOLEOBJ("InternetExplorer.Application")
IE.visible = True
IE.navigate("http://canal22.org/sample0013/")
REPEAT
  SLEEP(0.1)
UNTIL !IE.busy AND IE.readyState = 4
h4Tag = IE.document.getElementsByTagName("h4")
FOR A = 0 TO (h4Tag.length - 1)
 PRINT (A+1) + "番目:"
 PRINT h4Tag.item(A).innerText
 PRINT "----------"
 h4Tag.item(A).innerHTML = "<font color=red><strong><em>取得済み</em></strong></font>"
NEXT

pタグの中身をitemで取得しながら、HTML形式で書き換えました。

スポンサーリンク

http://canal22.org/advance/ie/no-use-getoleitem-use-ite/

スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ヒカルの情報ブログ , 2018 All Rights Reserved.