日本の情報発信基地

スタイルを設定する_InternetExplorer

 
UWSC

スポンサーリンク

スタイルを設定する

スタイルを設定する

obj = IE.document.getElementByIdなどでオブジェクトを取得
obj.style.color = “red” //※例 フォントをredに設定

スタイルを設定する

取得したオブジェクトのstyle属性に値をセットすることでスタイルを変えることができます

IE = CREATEOLEOBJ("InternetExplorer.Application")
IE.visible = True
IE.navigate("http://canal22.org/sample0013/")
REPEAT
  SLEEP(0.1)
UNTIL !IE.busy AND IE.readyState = 4
h4Tag = IE.document.getElementsByTagName("h4")
FOR A = 0 TO (h4Tag.length - 1)
 h4Tag.item(A).style.color = "red"
NEXT

スタイルに設定できる種類の数

例えば、枠線を設定したい場合はstyle.border = “1px black solid”と記述します。
フォントサイズでしたら、style.fontSize = “80px”とします。
もし、CSS(Cascading Style Sheet)をご存知でしたら、この辺りの設定と表示の関連性が想像できるかと思います。
CSSのリファレンス一覧などを参照に、任意の設定を試してみてください。

以下のサンプルでは、いろいろなスタイルを設定し、視覚的に変化したことがわかるようになっています。
スクリプトはこのようになります。

 

IE = CREATEOLEOBJ("InternetExplorer.Application")
IE.visible = True
IE.navigate("http://canal22.org/sample0013/")
REPEAT
  SLEEP(0.1)
UNTIL !IE.busy AND IE.readyState = 4
h4Tag = IE.document.getElementsByTagName("h4")
FOR A = 0 TO (h4Tag.length - 1)
 h4Tag.item(A).style.border = "5px orange dotted"
 h4Tag.item(A).style.background-color = "skyblue"
 h4Tag.item(A).style.font = "bold italic large serif"
 MSGBOX("非表示にします")
 h4Tag.item(A).style.display = "none"
NEXT

枠線や背景色を変え、最後に非表示にしています。

スポンサーリンク

http://canal22.org/advance/ie/set-style/

スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ヒカルの情報ブログ , 2018 All Rights Reserved.